このエントリーをはてなブックマークに追加

感動のお手紙を頂いた【一日二組限定の宿】は、
予想を裏切らない、いえ、それを遥かに超える、
安らぎと居心地の良さを与えてくれました。


今日はその様子をほんの少しだけ、
皆様へお伝えできればと思います。
※宿名は伏せますが、千葉県は房総の宿です。

f:id:hidechichi:20170708224012j:plain
#房総 #竹林 #蔵 #囲炉裏焼 で検索すればヒットします。


今回の旅のメインテーマ「宿でくつろぐ」とは
すなわち、都会の喧騒、日常の生活音から完全
に遮断されている空間を提供してくれる場所で
あってほしい、それが必須条件でもありました。


宿泊客同士、顔を会わせることもない
完全なるプライベート空間の演出とは、
いかなるものなのか。


期待せずにはいられません。


f:id:hidechichi:20170708224810j:plain

チェックインは今回泊まる蔵、「離れ」にて。


尚、宿泊にあたり事前に宿の許可を頂いて
持ち込んだのは、ベビーチェア、娘の布団、
離乳食、オムツです。


宿の御主人が自ら、泊まる部屋、離れ専用で
こちらも蔵を改築して作られた浴室について
説明してくれます。


f:id:hidechichi:20170708225641j:plain

外観のどっしりとした蔵から一転、室内は驚く
ほど綺麗なカントリー調の和洋折衷スタイル。

僕は完全なる純和風より、このようにちょっと
宿主の遊び心で意表を突いて欧米風が混在する
部屋づくりは好きですし、なぜか落ち着きます。


夕食は18時に母屋ですので、まずは早速、
娘も一緒に家族みんなでお風呂でしょう。


宿泊中は、僕たち家族専用の浴室です。
f:id:hidechichi:20170708232302j:plain


娘の「場所見知り」も幸い、なぜか発動せず、
ここはチャンスとばかりに家族みんなで入り、
僕と妻で交互に娘を受け渡しながら、贅沢な
時間を過ごすことができました。


浴室の窓越しには立派な竹林。
f:id:hidechichi:20170708233625j:plain


竹林観賞がいつでも出来るよう、縁側が併設
されているので、妻がゆっくり湯につかる間、
娘を抱っこして大自然を満喫しました。

f:id:hidechichi:20170708234725j:plain


お風呂でさっぱりした後は、千五百坪もある
敷地を散策したり、娘の授乳や離乳食の準備。


少し眠くなってグズグズしてきた娘をあやして
いると、ちょうど良いタイミングで御主人より
内線が入って、お待ちかねの母屋で夕食です。


ここからは囲炉裏を挟んで対面に御主人が、
我々ゲストは堀ごたつに着座して、目の前で
焼いてくれる旬の食材を、目と空気と味覚で
しっかりと堪能します。

f:id:hidechichi:20170709000736j:plain


f:id:hidechichi:20170709000805j:plain


f:id:hidechichi:20170709000825j:plain

御主人が一品ずつ、丁寧に焼きあげる様子を
娘も食い入るように見ています。


またご配慮で、持参したベビーチェアを
僕と妻の間にセッティングさせてもらえた
のが良かったのかもしれません。


f:id:hidechichi:20170709001749j:plain


f:id:hidechichi:20170709001812j:plain


f:id:hidechichi:20170709001839j:plain


再びグズり始めた娘には、失礼を承知でこれも
持参した離乳食をあげることに。快く許可頂く
だけでなく、食材のアドバイスや豆知識など、
たくさん教えて頂きました。


f:id:hidechichi:20170709002235j:plain


f:id:hidechichi:20170709002303j:plain

後半は娘もじっとしていられないほど大興奮。

綺麗に磨きあげられた板敷きの床を所かまわず
ハイハイしてしまい、申し訳ありませんでした。


御主人には、堀ごたつに落ちないようにとか、
ベビーチェアは朝食で使うならと朝まで母屋で
預かって頂けるなど、筆ではとても語れない
ぐらい、娘のためにご配慮頂きました。

本当にありがとうございます。

f:id:hidechichi:20170709003757j:plain


夕食だけでなく、御主人との会話も堪能して、
厨房で腕をふるう女将さんにも、娘はたくさん
話しかけてもらえたのでいつも以上にご機嫌☆


その後も興奮冷めやらないのか、なかなか眠らず
22時近くに、ようやく寝落ちしてくれました。



翌朝、同じ母屋にて朝食です。
f:id:hidechichi:20170709005050j:plain


竹の揺れる音と、うぐいすの声だけが
響く中で頂く、地産地消の食材の数々。


f:id:hidechichi:20170709005818j:plain


f:id:hidechichi:20170709005841j:plain


娘も昨晩のお転婆ぶりを反省したのか、朝は
おしとやかに椅子にすわって、しっぽり竹林
を観賞してくれたので、多いに助かりました。


f:id:hidechichi:20170709005901j:plain



最後は、竹林を眺めつつ食後の珈琲を。
f:id:hidechichi:20170709010144j:plain


これ以上、詳細なレポートにしてしまうと
いつか宿泊するかも知れない皆様の楽しみ
も半減してしまうので、このあたりで…。


大人の隠れ家であり、贅沢な時間の過ごし方を
堪能できる宿でありながら、乳幼児連れが人目
を気にせず泊まれる、まさに最高の宿でした☆



竹林の奏でるそよぎと、
鳥のさえずりの中で、

素朴な自然を感じながら、
何もしない贅沢な時間を…


~宿パンフレットより~



hidechichi



★今回の宿に決めた経緯はこちら。
hidechichi.hatenablog.com

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村